【注意】楽天モバイル新料金プラン発表!驚愕の0円スマホの重大な注意点

rakuten6

こんにちは。テラサキマサキです。

2021年1月29日、楽天モバイルの新料金プランが発表されました。
その驚愕な内容と注意点、現在楽天モバイルユーザーである自分の感想を書かせていただきます。

新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VI』登場

以下が、新しく発表された『Rakuten UN-LIMIT VI』の料金体系です。
さらなる詳細については、楽天モバイルの『Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン)』ページを参照してください。

データ利用量料金
1GBまで0円/月
※(2回線目以降は980円)
3GBまで980円/月(税込1,078円)
20GBまで1,980円/月(税込2,178円)
20GB~無制限
※楽天回線エリア以外では
最大1Mbpsで使い放題
2,980円/月(税込3,278円)

注意する点

⚠️提供開始日:2021年4月1日

新プランRakuten UN-LIMIT VIのサービスは4月1日から開始されます。
現在Rakuten UN-LIMIT Vに加入している人は、4月1日に自動的にRakuten UN-LIMIT VIにアップグレードされるようです。また、Rakuten UN-LIMIT VIにアップグレード後も、一年無料の期間が残っていれば無料になるとのこと。

⚠️2回線目の契約に0円料金はない

一人当たりの契約数が2回線以上になった場合、2回線目以降はデータ使用料が1GB未満であったとしても0円料金とはならず、980円の料金が適用されます。

⚠️パートナー回線エリアでは、最大5GB/月までしか高速通信できない

楽天回線エリアでは無制限で高速通信が可能ですが、パートナー回線エリアの場合、月に5GBまでしか高速通信ができません。
エリアが拡大予定ではあるものの、自分がよく使用するエリアが楽天回線エリアなのか、パートナー回線エリアなのかよく確認しておきましょう。

⚠️データ高速モードOFFであってもデータ利用量はカウントされる

これが一番要注意と思われます。
新プラン『Rakuten UN-LIMIT VI』のデータ通信詳細に以下の記載があります。

※5 毎月のデータ利用量によってプラン料金が変動いたします。データ利用量は楽天回線エリア、パートナー回線エリア(国内)、パートナー回線エリア(海外)全てのエリアでカウントされます(データ高速モードがOFFであってもデータ利用量はカウントされます)。

つまり、データ低速で利用していても、データ利用料はカウントされていくということです。

楽天モバイルを継続使用するかの結論

楽天モバイルの1年無料が過ぎたら、
楽天モバイルは『通話専用』Povoを『データ通信専用』の2台持ちをしようと思います。

個人的に、データ使用量が1MB未満であれば0円というのは凄いと思います(今までになかった)。
Rakuten LINKのアプリを使用すれば、通話料は0円に抑えられるので、通話専用として持つのは良いなと思いました。

3月からKDDI発の新ブランド『povo』のサービスが開始されるので、『povo』をデータ通信専用に分ける2台持ちにしようかなと思います。

『povo』については、以前の記事にもプランの内容をまとめていますので、参考にしていただけたらと思います。

おわりに

最初、楽天モバイルの新プラン発表を見た時は、楽天モバイル一択だ!と思ったのですが、低速通信でもデータ利用料がカウントされてしまうのが残念でした😅

また、楽天回線のエリアが弱い部分は否めないため、他社サービスとの2台持ちが安定なのかなと思います。それでも十分に安いですよね😌

この記事が参考になれば幸いです😀