「AWA」のTikTok 11月 HOT SONGSプレイリスト

TikTok HOTSONGS

あけましておめでとうございます。テラサキマサキです。

新年一発目の更新は、音楽ストリーミングサービス「AWA」が公開した
2020年11月にTikTokで再生回数が多かったり、いいね、シェアが多かった曲の
HOT SONGSプレイリストをYouTube動画からまとめてみました。

「去年のネタひっぱるやないかーい」と思ったそこのあなた。正解
個人的に年末年始感もないもんだから、マイペースにこんな更新しちゃいますよー。
懐かしい曲、良い曲が豊富なので是非聴いてみてください。

Dynamite / BTS

クオリティの高いダンスに加えて甘いマスクと美声を兼ね備えるK-POPのキング。
少し前にBTS株が暴落したということもありましたが、人気は変わらずという感じでしょうか。
彼らの美貌に酔いしれることのできるダイナマイトな一曲ですね😌

炎 / LiSA

今も興行収入の記録を更新中の大ヒットアニメーション映画、鬼滅の刃の主題歌。
自分は原作を読んでいないんですけど、アニメのほうは26話の無現列車の直前まで観ました😀
そろそろ映画観に観に行こうかなと企んでおります(ぼっちで)。
会社の人によると、曲が映画とマッチしていて聴くと感動が蘇ってくるそうです❗
ヒットするアニメーションは曲もいいってことが多い気がしますね。

第六感 / Reol

音楽ユニット・REOLでボーカル・作詞・作曲・トータルプロデュースを担当の後、
2018年からReol(レヲル)名義でソロシンガーソングライターとしてソロ活動しています。
最近はこういうアーティストが表に出てくることが多くなった感じがしますね😀
MVも独創的でカッコよく仕上がっていますね。

CHILDAYS / BLOOM VASE

心地のいい音の組み合わせにバランス感の良いOve(オベ)、JiROMAN(ジローマン)、RURU(ルル)の3MCが乗り、リラックスして繰り返して聴けそうなお洒落なチルラップですね。
声が優しくてリリックも素直さが溢れる言葉で綴られており、カッコいいです。

オドループ / フレデリック

ここにきてフレデリックのオドループが登場。
数年前にブレイクしていましたが、今でも高い人気を誇るようです。
「踊ってない夜が気に入らない」という何とも癖のあるフレーズが印象的。
無表情で二人組の女性が踊るMVの雰囲気も結構好きですね。

My Resort / ¥ellow Bucks

海外のHIP HOPサウンドを思わせるどっしりと構えたサウンドがカッコいいです。
沖縄にもOZ Worldっていうカッコいいラッパーがいて、2019年の11月に¥ellow bucksとOZ Worldが一緒にやっている曲「Dimension Rise」があるので、こちらも聴いてみてはどうでしょうか。

クラシックメドレー2019 / ピアニカの魔術師

鍵盤ハーモニカって、カッコいい楽器なんだなって思わせてくれますね。
ピアニカの魔術師は、それぞれプロとして活躍している演奏家が参加しており、
各地でイベント公演をしているようです。公式サイトはこちら

命が泣いていたんだ / THE BINARY

「2.5Dアーティスト」として活動するザ・バイナリーの「命が泣いていたんだ」。
独創的な世界観で展開されるMVは映像作品として見ても素晴らしいクオリティです。
他の曲も3次元と2次元を融合させたような曲があったりと面白いです。

Banana (feat. Shaggy) / Conkarah

気分をナチュラルに上げてくれるトロピカルなサウンドですね。
軽快なノリでクラブとかでも流れていそうな感じです。
音楽を楽しむことのできるアニマルって、地球上で人間だけなんだよなぁっていう宇宙の不思議。

Boom, Boom, Boom, Boom!! / Vengaboys

1998年にリリースされたVengaboysのBoom, Boom, Boom, Boom!!がTikTokのプレイリストに登場。
時を超えて、違う世代が同じ曲で盛り上がれるなんて素敵ですね。
当時はユーロダンスが流行っていて、様々なコンセプトで集めたダンスコンピレーションアルバム「ダンスマニア」なんかにもVengaboysの曲が収録されていて、「We like to Party!」が人気でした。

 「ぴえん」のうた / 針スピ子

最近使う人も多くなった「ぴえん」がついに歌にもなりましたよーと。
昭和歌謡のような哀愁漂うメロディですが、歌詞はしっかり令和でした😂

Make you happy / NiziU

この秋に入ってからブレイクし出した印象のNIZIU。
NIZIUはK-POPと思わせつつも、全員が日本人で構成されているガールズグループなんですよね。
けど、韓国のJYPエンターテイメントからデビューしているグループなのでK-POPには変わりありませんが。
日本人がパフォーマンスするK-POPグループという感じでしょうか。みんな可愛くて素敵です。

Good Vibes Only feat. JP THE WAVY, EXILE SHOKICHI / SALU

北海道出身のラッパー、SALUの2018年7月にリリースされたGood Vibes Only。
過ぎ去ってしまったサマーバケーションのシーズンの残り香を味わえるパリピソングです。
水着姿の女子のボディが凄いいいいのですが、MVもユニークな内容で面白いです。

Stand by me, Stand by you. / 平井 大

彼氏にカラオケで歌ってもらえると、女性としてはとても嬉しいことでしょう。
75億分の一人が恋に落ちてからの人生観が歌われていて、曲も歌詞も素晴らしいラブソングです。
平井 大は「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の主題歌でも「THE GIFT」を歌っていましたね。
とてもムードのある声質で素敵なシンガーソングライターだと思います。

I CAN’T STOP ME / TWICE

若い人たちに絶大の人気を獲得している韓国発のガールズグループ、TWICE。
どこか懐かしさを感じさせるTWICEの疾走感のあるテクノポップナンバーです。
ノンストップで展開されていく独創的なMVとパフォーマンスは必見です😀

Dolphin / OH MY GIRL

TWICEと同時期にデビューを果たした韓国発のアイドルグループ、OH MY GIRL。
日本では「おまごる」という愛称で呼ばれており、どこか緩いK-POPを楽しむことができます。
2020年11月25日に日本1stシングルとして「Etoile」をリリースしており、韓国発の漫画「NOBLESSE -ノブレス-」のアニメ化に際し、エンディングテーマとしても使われているようです。
NOBLESSE -ノブレス-」はLINE漫画で配信されており、今なら92話まで無料で一気読みできますよ😆
アニメを見る前に読んでみてはいかがでしょうか。

わがまま / KALMA

KALMAは北海道出身の3ピースバンドで、2020年3月にメジャーデビューしています。
飾らずに気取らない等身大の青春ソングに共感を得たという中高校生も多いのではないでしょうか。
TikTokを通して知名度が上がり、寂しく思うコアなファンも多いようです。
自分だけしか知らない名曲を愛おしく思うことはよくありますよね。
これからの活動にも注目していきたいところです。

New Thang / Redfoo

ワールドクラスのパリピ男、Redfoo。TikTokでもその人気は健在のようです😀
LMFAOの「Party Rock Anthem」で彼を知ったという人も多いんじゃないかと思います。
New Thangはスローテンポでムードを盛り上げていく感じで大人のセクシーさがありますね。

恋人づくり / SS501

韓国で放送されていたドラマ「花より男子」で使用されていた「恋人作り」。
SS501は2005年~2010年の間で活動しており現在は活動はされていないようです。
そんなグループの曲がTikTokで再び注目されるって人のブームは分からないものだなと思います。
YouTubeのコメントを呼んでいると、TikTokで流れること自体に嫌悪感を表す人も少なくないようです💦

ポケットからきゅんです! / ひらめ

TikTokなどのオンラインを通して活動するシンガーソングライター。
顔や本名、年齢は一切公開していないようですね。
気付いたら心に宿ってる「恋心」を可愛らしく歌ってくれています。
「きゅんです」や「しゅんです」等表現が可愛らしいですね🤣

おわりに

個人的に流行りには飛びつかない性格でして、世間でバズっている事柄が個人的にバズらないことが多いです。
けど、周りで何が流行って人気があるのかは知っておく必要はあると思うんですよね。
なので、今回はTikTokでシェアやいいねの多かった「11月のHOT SONGSプレイリスト」をまとめてみました。

今年は去年よりも更新頻度をあげていきたいと思っていますので、
2021年も宜しくおねがいします😀