「AWA」のTikTok 2021年1月 HOT SONGS(30曲)

TikTokHotSongs202101

こんにちは。テラサキマサキです。

音楽ストリーミングサービス「AWA」のアプリで、2021年1月のTikTokホットソングプレイリストが公開されていたので、YouTube動画でも聴けるようにまとめてみました。

Dynamite / BTS

BTSのDynamiteは人気が高いですね。踊りもキレがあってメンバーの気合のあるダンスでカッコいいです。

Pop Corn / BLOOM VASE

先月に続いてBLOOM VASEのPop Cornが入っていました。
力が抜けた感じで気持ちいいラップですね。

クラシックメドレー2019 / ピアニカの魔術師

ハンパない肺活量と演奏技術がないと、鍵盤ハーモニカでこのパフォーマンスはできないですよね。凄い。
ピアニカの魔術師の公式サイトはこちら。最新アルバムの「#TWO INSTANTS」も公式サイトで購入できます。
「はじめてのチュウ」の懐かしいアニメソングから「パプリカ」等の最新ヒット曲まで収録!いいとこどり!

PINK SWEET / BBY NABE

NYで生まれた後、12歳で日本に住んでいるというバイリンガルラッパー「BBY NABE(ベイビーナベ)」の「PINK SWEET」。可愛らしい恋心をラップしており、中高生にも人気がありそうです😀
2020年9月に公開された「Himawari」も聴きやすく、毒のないラップが魅力的ですね。
「KEN THE 390」のレーベルOBSからリリースされている「Our Lives」にも参加しています。

Oh No / Kreepa

先月に続いて「KREEPA」の「OH NO」も登場!
コーラスの声質とか好きなんですよねぇ。セクシーとは違っていて子どもっぽい感じと言えばいいのか。
間違っても自分はロリコンとかではありませんよ。

炎 / LiSA

劇場版の鬼滅の刃を観た後の自分としては、この曲は特別な曲になってしまいました。
煉獄さんカッコ良かったなぁ。鬼滅の刃は心情心理の表現がうまいですね。炭治郎の心の声を通して説明される肉体にかかる負荷や状況の劣悪さ等がわかりやすく伝わってくる。また、ところどころ日常アニメみたいなゆるいギャグもあったり、バトルシーンや残酷なシーンもしっかり見せてくれてバランスが丁度いい。
まだ劇場版の鬼滅の刃を見ていない人は是非どうぞ。この曲の歌詞もなるほどな~って思いました。

第六感 / Reol


0:36のサビの部分が「今が一番若いのだロッカーロッカー疑って京都しか無いことしたいのYO定員無いことだロッカーロッカー教えて物足りない引き合いたい偶然とはじけたい」って聴こえるっていうコメントがMVのほうにあって、それにしか聴こえなくなりました😆
サビ部分の正しい歌詞はこう。

今が一番若いの 第六感、六感またがって
今日は年甲斐ないことしたいの
予定にないこと 第六感、六感おしえて
物足りないの 引き合いたいよ 偶然とハートしたい

昔は「れをる」として元ニコ動歌い手として活動していたようですが、他人が作った曲を歌ってちやほやされることに疑問を持ち、自ら作曲するようになったらしいです。凄いなぁ。この曲ほんま好きです。

オドループ / フレデリック

先々月、先月に続いて「フレデリック」の「オドループ」が登場。
数年前に仕事をしながらYouTubeで音楽を流してたら、このオドループがYouTubeに広告料を払ってブーストかけてるんじゃないかってくらい毎回毎回自動再生されてきたのを覚えている。そのYouTubeからゴリ押しされたせいか自分からこの曲を聴くことは少ないんだけれど、曲に対する出会い方って人それぞれでどれだって特別なんでしょうね。

IT’s Tricky / RUN DMC

ロックンロールを好む人間とHIP HOPを好む人間はそもそも感性が違い過ぎて互いが聴く音楽を理解できない。そう思われていた時代に、対立する音楽を融合させ、交わることのなかった人間同士を繋げることに成功したとも言えるRUN DMCの功績は大きいものがありますよね。
エアロスミスの「Walk This Way」をカバーしたことにより、一般世間にRUN DMCの知名度が轟くこととなりましたが、共演の一役を買ったエアロスミスも流石ですよね。ロックの王者たる所以を感じます。

Salsa Tequila / Anders Nilsen

クラブで流れてそう。手キラーチャンレジするときは記憶を飛ばさないように注意してくださいね。
「音楽」×「お酒」=「危険」

怪物 / YOASOBI

小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生した音楽ユニットの「YOASOBI」の「怪物」。
この曲は、アニメ「BEASTARS」原作の板垣巴留さんの書下ろしオリジナル短編小説「自分の胸に自分の耳を押し当てて」が元になって作られているそうです。小説は、「BEASTARS」サイトの「MUSIC」から読むことができますよ。
また、「BEASTARS」の第2期のオープニングテーマにも使われているそうです。

Step and step / NiziU

先月に続いて登場。リズムもノリノリで、2:21からのリマのラップもカッコいいです。

廻廻奇譚 / Eve

鬼滅の刃の次に見るべきアニメとして自分の中で話題のダークファンタジーアニメ「呪術廻戦」のオープニング主題歌の「廻廻奇譚」。急に余談なんですけど、「奇譚」って言葉なんか良いですよね。昔「SM奇譚」という雑誌がありましてですね。昭和55年1月号の表紙の鳥かごに頭が入っている女性の表情がゾクッときました。

Banana (feat. Shaggy) / Conkarah

先々月、先月に続いて登場。南国のトロピカルソングです😜

My Resort / ¥ellow Bucks

こちらも先々月、先月からと長く登場。
こういう笛っぽい音を取り入れるサウンドはクールでカッコいいですね。
最近パンク路線に走ってしまって残念なMGKの「el Diablo」という曲も笛っぽい音と重低音の組み合わせがカッコいいです。この「My Resort」が好きな人なら好きかもしれません。

グッバイ宣言 / Chinozo

普段ボーカロイドミュージックは聴かないんですが、グッバイ宣言は不思議な中毒性がありますね。
エマージェンシーの歌い出しから、サビまで心地よく聴けてしまいます。
作曲者「Chinozo」さん自らによるセルフカバーもありました。普通に歌うまいですね😆

「ぴえん」のうた / 針スピ子

先々月、先月に続いて登場。ぴえんぴえんぴえん~。
針スピ子さんは1月28日に「それを言っちゃあおしまいよ」のうたも公開しているので、こちらもチェックしてみましょう😀

I CAN’T STOP ME / TWICE

先々月、先月に続いての登場❗
今回はMVではなくテレビで生放送された「M COUNTDOWN」でのパフォーマンス動画を貼ります。

ドライフラワー / 優里

先月に続いて登場。歌詞が切なく寂しい歌い出しですが、曲の後半では別れた元彼のことが「全部大嫌いだよ」に変わり、過去をひきずらないように前に進めていける強さを感じます。泣ける失恋ソングですね😂

Dear My Friend / Little Glee Monster feat. Pentatonix

「研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残す」をテーマに活動する「Little Glee Monster(リトグラ)」に、アメリカ発のアカペラグループ「ペンタトニックス」を迎え入れた合作。見事なボイスパーカッションですね😀
ペンタトニックスの人も日本語で歌ってるんだけれど、普通に日本語がうまくてびっくりしました😆
日本人の発音に寄せれるほど耳もいいんだろうなぁ。

First Dates / SALU

ほほえましいカップルのデートを綴るほんのり甘いゆるめのラブソング。
カップルは付き合い始めが一番楽しいですよね。長く付き合い過ぎてマンネリしたカップルも、この曲がかかっている間は幸せを感じられると思います😌

Stand by me, Stand by you. / 平井 大

先月に続いての登場。とても感慨深い歌詞が印象的な良曲です。

F BOY / Ander Huang/DJ Kuromi

先月に続いての登場。クラブで流れていそうですね😀

Be You (feat. RAU DEF) / Novel Core

「Novel Core」の「Be You」がTikTokのホットソングに登場。
「Novel Core」は「Core-Boy」という名前でフリースタイルダンジョンにもチャレンジャーとして登場していましたね😀
その後2020年4月1日に1stアルバム「WCMTW」をリリースしています。

虹 / 菅田 将暉

先月に続いての登場。この曲のMVを観ていると、母親の偉大さを感じる。
出産って男の自分からしたらほんとに考えられないくらい怖い💦
だから女性は凄いと思うし強いなって思う。沖縄ではシングルマザーが多い現状があって、どういう経緯でそういう選択になったのかは分からないけれど、母子ともに大切に思う気持ちが男性全員にあればいいのになって思う。

Dolphin / OH MY GIRL

先々月、先月に続いての登場。
アニメ「NOBLESSE -ノブレス-」のエンディングテーマ「Etoile」もこのOH MY GIRLが歌っています。
Dolphinは可愛らしい感じですが、「Etoile」は少し大人っぽい雰囲気ですね。
「NOBLESSE -ノブレス-」はLINE漫画が原作なんですが、近々オススメのLINE漫画をまとめようと思っています。

imagine if / gnash

先月に続いての登場。ノリやすいラップソング。あの時ボクがこうしていれば、これをしていなかったら、という感情に身を任せないタイプの知的な失恋ソングです。取り返しの効かないラインを超えていなければなんだってやり直せるはずさ~。

Make you happy / NiziU

先々月、先月に続いての登場。みんな15歳~18歳って信じられない洗練さだなぁ。
K-POPは個のスター性じゃなくてグループとしての調和性が強いのかなって思う。
SPEEDみたいな強烈なスター性のあるボーカルがいるとどうなっちゃうんだろう。

Boom, Boom, Boom, Boom!! / Vengaboys

先々月、先月に続いての登場。
ユーロビートは90年代後半に流行っていましたが、頭文字Dの影響も強かったのかなっていう風に思いますね。
ユーロビートを他にも聴いてみたいという人は頭文字Dの「DON’T STOP THE MUSIC」や「ダンスマニア一式」を聴いてみるといいかもしれません。

napori / Vaundy

とても弱弱しい歌い出しから始まるお洒落感が強いメロウな曲。
現役で美術系大学に通いながら活動しているというシンガーソングライター「VAUNDY」の1stアルバム「strobo」に収録されている1曲です。

おわりに

TikTokは短い動画でサクッと見れて面白いんだけれど、何気に通信が重いんですよね。
楽天モバイルユーザーの自分としてはTikTokがスムーズに見れなくて辛いです😂
TikTokは面白動画をとって思い出に保存することもできるからいいですよね。

最近、音楽のまとめがTikTokのHOT SONGSしかまとめられてないなって思っているので、近々別のまとめ記事も書こうと思っています。